期間限定の展示・生物の紹介! 今!体験できるもの特集

//期間限定の展示・生物の紹介! 今!体験できるもの特集

期間限定の展示・生物の紹介! 今!体験できるもの特集

ドルフィンスノーケル

水中マスクとスノーケルにフィンをつけてイルカたち と一緒に泳ぐことができます。 イルカたちが遊んでいるふれあいの海へ水中マスクと スーケルにフィン(足ヒレ)をつけて泳ぎ出します。 好奇心旺盛なイルカたちは周りをグルグル回ったり正 面からのぞきこんだり、さすってもらいたくて脇をゆ っくり泳いだりと、一緒に楽しい時間を過ごしてくれ ます。
詳細はこちら

うきうきドルフィン

うきうきドルフィンとは?足の届かない(水深5、6m) の所で、ウェットスーツ・マリンブーツ・ライフジャケ ットを着用し、イルカを間近で観察したり、触れ合った り致します
詳細はこちら

ドルフィンビーチ

砂浜から「ふれあいの海」に入ってイルカたちと触れ 合うことができます。 波打ち際のビーチに好奇心旺盛で人見知りをしないイ ルカたちが一緒に遊ぼうと寄ってきます。 個性が違うバンドウイルカたちとのふれあいをお楽し み下さい。

詳細はこちら

ドルフィンフィーディング

イルカたちに直接エサをあげたり、握手したり!また、 ジャンプなどの合図を出すことができて、ちょっとした プチトレーナーになった気分です。

詳細はこちら

シーカヤック

イルカが棲む入り江でシーカヤックを楽しむことが できるプログラムです。

詳細は、「うみがめカヤックス」まで

いるかの学校 毎日 13:00 スタート

「いるかの学校」とは、イルカトレーニングを間近で見 学できる時間です。入り江に浮ぶイルカ桟橋にて、イル カについてトレーナーからのお話や、お客さまも質問で き、イルカについてたくさん学んでいただくことができる時間です。
トレーニングを行うスペースに、お客様にも上がってい ただき、イルカのトレーニングの様子をトレーナーと並んだポジションから見学できます。 ジャンプであがる水しぶき、巻き起こる風、イルカたちの息使いや、つぶらな瞳に映る風景。それらを、 さえぎる物がない海上で、すぐ目の前に感じることができます。ショーに向けて頑張るイルカたちの姿 を間近でご覧いただけます。毎日 13:00 スタート、所要時間:約 10 分 備考:雨天中止、ヒール等カカトのある靴の場合は参加できません。

ペンギンと記念撮影

フンボルトペンギンたちと記念撮影ができるお時間です。

毎日 2 回、ペンギン餌付けショー終了後 10:30~、14:30~

ペンギン餌やり体験

フンボルトペンギンたちに餌をあげることができます。

毎日 2 回、ペンギン餌付けショー終了後 10:30~、14:30~
有料(1 回 200 円)

ペンギンのお散歩

フンボルトペンギンたちがお散歩するお時間です。

何処を散歩するかはペンギンまかせ。
11:00 頃~

注:雨天および暑い日は散歩を見合わせる場合はございます。

ドクターフイッシュガラ体験

肌の角質を食べてくれる魚「ガラ・ルファ」の体験コーナー

魚ぎょラボバックヤードツアー(土日限定ツアー)

このツアーは予備水槽棟「魚ぎょラボ」を主体にした 水族館の裏側見学ツアーです。 魚のことを知り尽くした水族館のスタッフが、展示水 槽の裏側や餌の準備風景など、普段は見ることのでき ない水族館の裏側をご案内いたします。

○所要時間:約 20 分

○定員:1 回 15 名 毎週土日 11:20~、15:20~

アザラシ餌やり体験 (土日限定プラン)  終了しました。

ゴマフアザラシに餌をあげる体験プランです。

7 月 9 日までの土日祝実施(雨天中止)

時間 1日1回12:30〜 1日1組限定(最大6名)
体験料金 1組1,500円

詳細はこちら

<<空飛ぶ円盤記念日にちなんだ展示>> 展示を終了しました。

6月24日は「空飛ぶ円盤記念日」です。

これは、1947年6月24日。アメリカのケネス・アーノルド氏が自家用機で飛行中、九つの光る物体に遭遇しました。この物体が、 水面をはねる受け皿の様だと表現し(※1)、メディアに取り上げられ、現代の未確認飛 行物体(UFO)=円盤のイメージができたようです。その歴史的な日を記念した日で す。

※1 アーノルド氏は、動きについてコメントしただけで、形はブーメラン型だっ たそうです。

展示生物 : ホシエイ・ギンガメアジ

期 間 : 6月25日まで

夜空に光る星をギンガメアジ(銀河目鯵)で、 星の間を駆け抜ける円盤をホシエイで表現し ました。6 月 24 日の記念日には、世界各地で UFO に関するイベントが行われるそうです。ご 来館いただいたお客様に展示をご覧いただき、 宇宙の神秘 UFO に思いをはせていただければ 幸いです。

ホシエイ アカエイ科 本州から北海道の沿岸から沖合底に生息する。 背中に星のように見える白い斑点があるのが特徴。

ギンガメアジ アジ科 南日本など熱帯・亜熱帯の内湾から沿岸に生息する。 伊豆半島では、8 月ごろ黒潮の流れに乗って幼魚がやって きます。目の後ろに黒点があるのが特徴です。

土用の丑の日は鰻!(終了しました)

土用の丑の日にちなみ、水族館でもウナギの展示を開始しました。ウナギは近年、急速にその数を減らし絶滅危

惧種に指定されるなど話題に事欠きません。また、なかなか見ることのできないウナギの仔魚(赤ちゃん)の展

示もしております。「食べ物」のイメージが強いウナギですが、ぜひ生きものとしての面白い姿をじっくりご覧く

ださい。

展示期間:2017 年8 月31 日まで

ニホンウナギ( Anguilla japonica )ウナギ目 ウナギ科

分布 北海道太平洋側から九州、琉球列島など

生息域 河川、湖沼、河口域、沿岸海域

By | 2017-08-31T23:13:42+00:00 5月 10th, 2017|news|期間限定の展示・生物の紹介! 今!体験できるもの特集 はコメントを受け付けていません。