オウサマペンギン

オウサマペンギン

学名:Aptenodytes patagonicus  英名: King penguin

南極大陸周辺の島々に生息します。

19世紀までこの種類が最大のペンギンと思われていたため、オウサマペンギンと名づけられました。

(その後、更に大きな種類のペンギンが見つかり、王様よりも大きい皇帝をあて、コウテイペンギンと名づけられました。)

世界に18種類いるペンギンの中で2番目に大きな種類で、体長は80㎝ほどになります。

首にオレンジ色で勾玉状の模様が鮮やかで、首から胸にかけてオレンジ色のグラデーションが美しいペンギンです。

繁殖期にペアをつくり一つの卵を産みます。卵は両足の上に乗せ、ダブついたお腹の皮(抱卵嚢)を卵に乗せて温めます。

卵は、54日ほどで孵化し、しばらくはそのまま足の上で育てます。

下田海中水族館では、自然繁殖に成功しています。その際は、子育ての様子や雛の愛らしい姿は見逃せません。